クリニック紹介

  1. ホーム
  2. クリニック紹介

当院の不妊治療の特徴

  • 18年間で2万5千名以上が妊娠
  • 体外受精においては、体の負担・副作用を最小限にしつつ1回の採卵での妊娠率を高める刺激法の実践
  • 日曜日祭日も、採卵・胚移植を含む、体外受精に関連する治療を実施(青葉台本院にて)
  • 男性不妊専門外来の設置
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医が11名(常勤6名、非常勤5名)在籍

2000年9月の開院以来、当院の不妊治療により2万5千名以上の方々がご妊娠されました。そのうち1万5千名以上は高度生殖医療(体外受精・顕微授精・凍結胚移植等)によるご妊娠です。自然妊娠が可能な方はなるべく自然に、一方で体外受精等の医療が必要とされる方には、高いレベルの妊娠成績をご提供出来るよう日々努力をしております。

体外受精においては、排卵誘発剤をなるべく多用せずに副作用を極力避けつつ、一方で、1回の採卵周期で高い妊娠率を出せるように採卵までの卵巣刺激法を工夫しております。

体外受精においては、最大の妊娠率が出せるように、日曜日祭日も採卵を実施しております。また、同様に日曜日祭日でも胚移植が出来るようにしております。最適な採卵日を正確に判定するには、採卵2、3日前の診察(卵胞計測、ホルモン値測定)が非常に重要となります。このため、日曜日祭日も午前中に体外受精関連の治療をされている方々の診察をしております。(いずれも、青葉台本院にて)

不妊症のカップルの約半数は、男性側にも不妊原因が見つかります。このため、男性不妊に対する検査、治療は非常に重要です。当院では開院以来、男性不妊を重視し、男性不妊専門外来を設置して、女性の不妊治療のみならず男性不妊専門の泌尿器科医による男性の不妊治療も同時に行い、より高い妊娠成績を出すように努力をしております。

不妊治療の専門医は、日本生殖医学会が認定している生殖医療専門医です。当院ではこの生殖医療専門医が、両院合計で11名(常勤6名、非常勤5名)在籍し、よりハイレベルな不妊治療をご提供しております。

クリニック概要

クリニック名 田園都市レディースクリニック
院長 河村 寿宏
住所 〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-3-10 ラルク青葉台5F
電話番号 045-988-1124
連携施設

入院や手術が必要な患者様は、下記の連携病院、その他の病院をご紹介させていただいております。
その際には、患者様にご紹介状(診療情報提供書)をお渡しいたします。
急を要する場合には、診療がスムーズに受けられますよう当院から直接ご紹介先病院に連絡をし、受け入れのご了承をいただいた上でご紹介しております。

その他、患者様ご自身のご自宅から近い病院をご紹介することも可能です。

診療時間
09:00~12:30
14:30~18:00

△土曜のみ17時までとなります。
※日曜日・祝日は採卵、胚移植及び体外受精関連の治療のみとなります。

院内施設のご紹介

写真をクリックすると拡大します。

設備

写真をクリックすると拡大します。

診療時間

診療時間
09:00~12:30
14:30~18:00

△土曜のみ17時までとなります。
※日曜日・祝日は採卵、胚移植及び体外受精関連の治療のみとなります。

クリニック紹介