クリニックブログ Clinic Blog

2018.02.26 blog

「医療費控除」について

こんにちは。
事務部門です。

まだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
< 2月は2日少ないだけなのに、あっという間に終わってしまいます。(゚_゚i)
そして、確定申告の時期ですね。
患者様から聞かれることも多い「医療費控除」
そこで、税理士さんから教えていただきました!(*^o^*)

医師による診療等の対価として支払った不妊症の治療費や人工授精の費用は医療費控除の対象です!
これらの費用に関しては保険適用外の自由診療であったり、助成金がもらえることもあったりで医療費控除が取れないのでは?という疑問をお持ちの方も多いようです。
しかし、ご夫婦でかかった不妊症の治療費、人工授精の費用、体外受精の費用はすべて医療費控除の対象となりますのでしっかりと確定申告をして節税を図ってください。

以下ポイントと注意点です。

医療費控除は1月1日から12月31日までに支払が済んだものが対象です。年間所得(額面給与ではありません)が200万円以上ならば10万円以上の部分が医療費控除の対象です。
この10万円ですが払った医療費から助成金・給付金を差し引いた部分が対象です。
不妊治療にかかった費用だけでなく生計を一にする他のご家族のその年度の医療費と合算しての判断です。
電車やバス等の交通費も医療費控除の対象です。(車によるガソリン代は不可)
会社の年末調整ではできませんので確定申告が必要です。
ご家族で所得の多い方(税率の高い方)の確定申告で医療費控除を盛り込むのが有利です。

とのことでした。参考にしてくださいね

topに戻るTOP