不妊症の検査

不妊症の検査

1.基本検査

不妊症の検査
検査の種類
検査内容
基礎体温測定
排卵の有無やホルモン分泌の状態を推測できます。
精液検査
精液量、精子数、運動率、正常形態率などを検査します。
内診
子宮や卵巣、骨盤内の異常の有無(子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫等)がわかります。
経腟超音波検査
子宮(子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ、子宮奇形等)や卵巣のう腫等、卵巣の異常の有無を見つけたり、卵胞や子宮内膜の計測をします。
女性側の血液検査
脳下垂体から分泌されるホルモン(LH,FSH,プロラクチン)、 卵巣から出るホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)、甲状腺ホルモン(FT3,FT4)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、クラミジア抗体、卵巣内に残っている卵子数を推測する 抗ミュラー管ホルモン(AMH)、抗精子抗体、等を検査します。
子宮頚管粘液検査
排卵期の子宮頚管粘液の状態を検査します。
フーナーテスト
排卵期の性交後頚管粘液中に入っている運動精子数や運動性を検査します。
子宮卵管造影検査
造影剤を子宮に注入し、子宮内の異常の有無、卵管が通過しているか、腹腔内に癒着がないか、レントゲンで撮影します。 子宮卵管造影検査に際しては、痛みを軽減できる装置も使用して実施しています。また、当院ではデジタル方式のレントゲンを採用しておりますので、通常のレントゲン撮影よりも低い線量で撮影が出来ます。

2.必要に応じて行う検査

2.必要に応じて行う検査
検査の種類
検査内容
LH-RHテスト, TRHテスト
脳下垂体の機能に関する精密検査です。
男性ホルモン、インスリン
多嚢胞性卵巣症候群を疑う場合等に検査します。
子宮鏡検査
子宮内の異常(ポリープ、筋腫、奇形など)の有無を検査します。
腹腔鏡検査
全身麻酔し、腹部に穴を開け、腹腔内の異常の有無を検査します。当院では実施していないため、他院をご紹介いたします。
男性側の血液検査
精液検査の結果が悪かった場合に、ホルモン(LH,FSH,PRL,男性ホルモン)、クラミジア抗体等を検査します。
男性側の診察
精液検査の結果が悪かった場合に、精巣やその周囲の診察、超音波検査を、当院の男性不妊専門外来(土曜日午後)で行っています。
反復して着床しない場合の血液検査

血液中の銅、亜鉛、ビタミンDの濃度を調べる検査です。銅の濃度が高い場合や、亜鉛濃度が低い場合に着床しにくくなる可能性があります。ビタミンDが低い場合も着床しにくくなる可能性があります。
費用

300円(税別)
亜鉛 1,700円(税別)
ビタミンD 4,000円(税別)
慢性子宮内膜炎検査(CD138免疫染色検査)

体外受精・顕微授精後に胚移植をしても、反復して妊娠しなかった場合に行う検査です。
子宮内膜組織を採取し、CD138 という細胞マーカーが陽性の形質細胞の有無を確認し、子宮内膜に慢性的な炎症が生じてないかどうかを調べます。

費用 15,000円(税別)
ERA検査(+EMMA検査、ALICE検査)

体外受精・顕微授精後に胚移植をしても、反復して妊娠しなかった場合に行う検査です。
ERA検査は、着床の窓(implantation window)が移植日と合っているかどうかを調べます。
もし着床の窓がずれていれば、その方により合った時期に胚移植日時を設定します。
EMMA検査は子宮内膜の細菌の種類と量を調べる検査です。
ALICE検査は慢性子宮内膜炎を起こす細菌を調べる検査です。
これら3種類の検査を同時に行うこともできます。
注意点:ERA検査は、実際に胚移植をする時と同じ子宮内環境を作って、着床期の子宮内膜組織を採取するため、胚移植周期にはできません。また、体外受精や顕微授精のために、排卵誘発剤を使用した周期は着床環境が通常と異なるため、実施出来ません。つまり、この検査のためだけに、1周期使うことになります。
費用

ERA検査 120,000円(税別)
ERA+EMMA+ALICE検査 170,000円(税別)
EMMA+ALICE検査 60,000円(税別)

3.不育症の検査

血液で調べる検査として、トキソプラズマ、梅毒、クラミジア、甲状腺ホルモン(FT3,FT4)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、HbA1c、血糖、抗核抗体、ループスアンチコアグラント、抗カルジオリピンβⅡGP-1, 抗カルジオリピンIgG抗体・IgM抗体、プロテインC、プロテインS、抗PE抗体IgG・IgMなどがあります。これらをすべて行う場合の費用は約4万円です。
ご夫婦の染色体検査(ご夫婦各々、染色体検査の費用:税別30,000円)、も行うことがあります。
また、経腟超音波検査や子宮卵管造影検査で、子宮や卵管の異常の有無を調べます。子宮内腔の異常の有無を調べるために、子宮鏡検査を行うこともあります。

4.妊娠前に実施しておくことが望ましい検査

検査の種類
検査内容
子宮頚がん検診
子宮頚部の細胞をこすって、悪性の細胞の有無を検査します。
乳がん検診
マンモグラフィー、超音波検査等で乳腺の病気の有無を検査します。当院では実施していないため、他院で行っていただきます。
血液検査、尿検査
貧血やその他の血液の病気、糖尿病、肝臓や腎臓機能の異常の有無を検査します。また、血液型不適合妊娠の可能性を事前に知るために血液型も確認します。男女ともに、風疹抗体の有無も検査し、抗体が無いか、抗体価が低い場合は妊娠前に風疹ワクチンの接種をお勧めいたします。

不妊症について