体外受精 In vitro fertilization

副作用と対策 Side effects & Measures

①排卵誘発剤等の使用薬剤

排卵誘発剤を使用する方法で最も問題になるのが、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)です。排卵誘発剤に対する卵巣の反応が良過ぎて卵胞が多数発育すると、卵巣が大きく腫れたり、腹水が貯まって下腹部の張りや痛みが出たりすることがあります。また、極めて稀ですが、血栓ができることがある、という報告があります。
OHSSを予防するためには、採卵前の卵巣刺激にOHSSを起こしにくいマイルド法を使用することや、経膣超音波検査や血液検査などによりあらかじめ危険性を予測し、排卵誘発剤の量を調節するなどの工夫をします。また採卵後にはOHSSの副作用を少なくする薬剤を使用することもあります。
OHSSの多くは、胚移植して妊娠が成立した後ですので、OHSSがあらかじめ予想される場合には、この副作用が重症化するのを予防する目的で、採卵した周期には胚移植を行わず一旦胚を凍結保存(全胚凍結)しておき、卵巣の腫れが落ち着いた翌周期以降で融解して胚移植することもあります。

②麻酔

採卵前に行う麻酔(局所麻酔または静脈麻酔)により、稀ながらアレルギー反応が出ることがあります。静脈麻酔後に、吐き気や嘔吐が出現することもあります。

③採卵に伴う出血

卵巣刺激法に関わらず起こりうるのが、採卵の際の出血です。ほとんどの場合、出血しても自然に止血しますが、必要に応じて止血処置をします。

④採卵に伴う感染

極めて稀ですが、採卵により感染を起こすことがあります。特に子宮内膜症による卵巣嚢腫(チョコレート嚢腫)を合併されている方は、感染のリスクが高まります。抗生剤の使用により、感染予防および治療を行います。

⑤多胎妊娠

妊娠した場合の問題として、多胎妊娠(双胎=ふたご、品胎=みつご)があります。多胎を予防するためには、移植胚数を1個に制限します。ただし、移植胚数を1個に制限した場合でも、子宮内で移植胚が分裂し、一卵性双胎(1.4%前後)、また極めて稀に一卵性品胎となることがあります。
多胎の場合の問題点は、母体側では妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、頚管縫縮術、帝王切開術や産後の異常出血の頻度が高いこと、胎児側では、流早産のリスクが上昇し、胎児の発育遅延や低出生体重児の出生、先天異常が多く、新生児の死亡率、障害の発生率が上昇することです。

日本産科婦人科学会の報告によると、双胎の42%、品胎の85%が早産となっております。

最近、複数胚を移植後に妊娠して二卵性であるのに胎盤を共有し、1児の血液が他の児に臍帯を介して移行していた(血液キメラ)、との報告があります。この問題を防ぐためには、今のところは単一胚移植(胚を1個のみ移植する)が唯一の方法です。

⑥異所性妊娠

妊娠した場合のもうひとつの問題点は、体外受精胚移植の場合に、異所性妊娠(子宮外妊娠)の頻度が少し高くなる(1~2%)ことです。この原因の一つとしては、体外受精をお受けになる方はもともと卵管に問題がある(異所性妊娠を起こしやすい)方が多いことが考えられます。凍結胚盤胞移植では異所性妊娠の確率が低下します。

⑦先天異常

なお、体外受精胚移植により出生した児の奇形率や染色体異常の発生率は、自然妊娠の場合と差がない、ということが多くの統計で示されていますが、やや先天異常が多いとする報告もあります。
顕微授精の場合は自然妊娠や体外受精に比して、やや先天異常が増加すると報告している統計があります。しかしながら、当院の過去の統計では、顕微授精と体外受精の先天異常率は有意な差は出ておりません。

また、ご主人の精子を造る遺伝子の一部に欠失がないかどうかを血液検査で調べることが可能です。欠失があることが見つかった場合には、男児に男性不妊が遺伝する可能性があります。しかしながら、男性不妊に関する遺伝子の治療は現在のところできません。

topに戻るTOP