卵巣刺激

体外受精の流れ

体外受精の流れ 体外受精の流れ
  1. STEP 1A:卵巣刺激
  2. STEP 2B:採卵
  3. STEP 3C:受精
  4. STEP 4D:胚培養
  5. STEP 5E:胚移植 F:胚凍結

各STEPをクリックするとその詳細が表示されます。

  1. STEP 1A:卵巣刺激
  2. STEP 2B:採卵
  1. STEP 3C:受精
  2. STEP 4D:胚培養
  3. STEP 5E:胚移植
    F:胚凍結

各STEPをクリックするとその詳細が表示されます。

A:卵巣刺激(排卵誘発剤使用)

体外受精における採卵前の卵巣刺激法については、主に下記の表に示すような、様々な方法や特徴がありますが、実際にスタートする際には、AMH(抗ミュラー管ホルモン)や実施周期の月経開始3日目前後のFSH、LH、卵胞ホルモン等のホルモン値、および経腟超音波検査での卵巣の状態(胞状卵胞数等)を考慮しながら、患者様ごとに、担当医からアドバイスをさせていただき、ご夫婦のご希望も伺いながら決定しております。

体外受精前の卵巣刺激法 a)完全自然
(無刺激法)
b) マイルド法
(低刺激法)
c)高刺激法
排卵誘発剤 なし b-1)
クロミッドのみ
b-2)
クロミッド+注射
連日注射
c-1)アンタゴニスト法
c-2)ショート法
c-3)ロング法
平均採卵数 ~1個 約2個(1-3個) 約5個(3-7個) 約10個(5個~)
体への負担 少ない 少ない 比較的少ない 大きくなる可能性あり
薬剤料の経済的負担 軽い 軽い やや重い 重い
胚移植キャンセル率 高い 比較的高い 比較的低い(*) 低い(*)
凍結胚ができる確率 低い やや低い 比較的高い 高い
採卵あたり妊娠率
(新鮮胚移植の場合)
低い やや低い 高い 高い

※排卵誘発剤(特に注射)を使用する刺激法では、最近は採卵周期には意図的に移植せず全胚凍結することが増えています。

a)完全自然(無刺激法)法

自然周期で成熟してくる卵胞は1個のみのことが多く、現時点ではキャンセル率は高くなってしまいます。しかしながら、排卵誘発剤を使用しないので排卵誘発剤に伴う副作用がないことから、より自然に近い体外受精を希望される方はこの方法を用いて実施しています。
あるいは、卵巣機能が低下し排卵誘発剤を使用しても複数卵子の回収の見込みが低い方(AMHが極端に低い方等)はこの方法を用いる場合が多いです。
ただし、AMHが低いと自然周期しかできない、というわけではなく、周期毎に卵巣の状態は異なっており、AMHが低い方でも、排卵誘発剤使用によって複数の卵子採取が見込める周期は、排卵誘発剤を使用して採卵―体外受精を行うこともあります。

b)マイルド法(低刺激法)

b-1)クロミッドの内服薬のみで卵巣刺激

完全自然周期よりも採卵数は多くなり、その分完全自然周期よりはキャンセル率は低めで、その周期の妊娠率はやや上昇します。しかしながら、平均2個程度の採卵数のため、体外受精における採卵あたりの妊娠率が非常に高くなる、とは言えません。

b-2)クロミッドの内服+排卵誘発剤の注射

クロミッドの内服に加えて、排卵誘発剤の注射を1日おき程度に数回注射し、卵胞数を増加させることで、採卵や、胚移植および胚凍結のキャンセル率を低下させ、体外受精の採卵あたりの妊娠成績を上昇させることが可能となります。また、排卵誘発剤に反応するだけの卵巣予備能がありさえすれば、当院ではこの方法での採卵数が平均5個程度となっており、この程度のマイルドな刺激であれば、多数の卵胞発育により卵巣が腫れすぎる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用はほとんど回避できます。副作用も比較的少なく(重症の副作用はほとんどなく)、キャンセル率も比較的低く、かつ妊娠率も十分に出せる方法です。

c)高刺激法

排卵誘発剤の注射を連日打って卵巣を刺激し採卵―体外受精に持ち込む方法です。この方法では、当院では平均10個程度の卵子を採取できています。しかしながら、排卵誘発剤の注射薬を、平均すると8日間連日(多くは7-10日)打つ必要があります。数多くの卵子が採取できるため、胚移植や胚凍結のキャンセルは低く、妊娠率も高い一方で、卵巣過剰刺激症候群のリスクと薬剤の経済的な負担は大きくなります。
c)の方法では、連日の注射に伴い卵胞ホルモンが刺激の早い時期から上昇し始めるため、体外受精の採卵までに排卵が起きないようにしておく必要があります。従来からGnRHアゴニストという点鼻スプレー(ブセレキュア、スプレキュアなど)がよく使用されており、近年では、GnRHアンタゴニストという注射薬もよく用いられております。
排卵抑制目的で連日使用されるGnRHアゴニストの点鼻スプレーは、採卵周期の前周期高温期の中間あたりから開始するロング法と、採卵周期の月経が始まってから点鼻スプレーを開始するショート法があります。
GnRHアンタゴニストという排卵を抑制する注射薬は、排卵誘発剤の注射を開始後、卵胞がある程度のサイズになったあたりから排卵誘発剤の注射薬に併用する形で注射していきます。
c)の方法それぞれにより、妊娠成績には大きな差はありませんが、卵巣過剰刺激症候群の副作用はロング法、ショート法に比較して、アンタゴニスト法のほうが軽い傾向があります。

体外受精の採卵前の卵巣刺激(排卵誘発剤の使用)のメリット、デメリットをより分かりやすくまとめると、

  完全自然(無刺激法) マイルド法(低刺激法) 高刺激法
メリット 排卵誘発剤の副作用なし。
排卵誘発剤の費用がかからない。
自然に成熟した卵子が回収できる。
排卵誘発剤の副作用が少ない。
妊娠率も比較的高い。(特に、内服薬に加えて注射も併用した場合)
多数採卵でき、妊娠率も高い。
凍結胚が出来ることが多く1回の採卵で複数回の移植のチャンスがある。
デメリット 採卵数が少ない。
採卵や胚移植のキャンセル率が高い。
採卵あたりの妊娠率が低い。
高刺激よりはキャンセルが多い。 卵巣が腫れすぎる副作用が起こり得る。
排卵誘発剤の費用が最もかかる。