不妊治療

不妊治療

不妊症血液検査

脳下垂体から分泌されるホルモン(LH,FSH,プロラクチン)、 卵巣から出るホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)、甲状腺ホルモン、クラミジア抗体、卵巣内に残っている卵子数を推測する 抗ミュラー管ホルモン(AMH)、抗精子抗体、等を検査します。

超音波検査

子宮(子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ、子宮奇形等)や卵巣のう腫等、卵巣の異常の有無を見つけたり、卵胞や子宮内膜の計測をします。

子宮卵管造影検査

造影剤を子宮に注入し、子宮内の異常の有無、卵管が通過しているか、腹腔内に癒着がないか、レントゲンで撮影します。 子宮卵管造影検査に際しては、痛みを軽減できる装置も使用して実施しています。また、当院ではデジタル方式のレントゲンを採用しておりますので、通常のレントゲン撮影よりも低い被爆量で撮影が出来ます。

子宮鏡検査

子宮の入り口から子宮鏡を子宮内に挿入して、子宮内の異常(ポリープ、筋腫、奇形など)の有無を検査します。痛み止めの座薬のみで簡単に検査することができます。

タイミング法

経腟超音波検査による卵胞や子宮内膜の計測、尿中LH、子宮頚管粘液の状態の観察等により排卵日を推測し、タイミング指導をいたします。

不妊症薬物療法

排卵障害がある場合には、薬剤を使用します。軽度の排卵障害には、経口の排卵誘発剤から使用し、無効の場合は注射の排卵誘発剤を使用します。多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群を予防するため、経腟超音波検査を行いながら、慎重に治療を行います。また、プロラクチンが高い場合は、それを正常化する薬剤を使用します。

人工授精

人工授精イメージ排卵日に合わせて、ご主人に精液を採取していただき、精液を調整して良好な運動精子を集め、柔らかいカテーテルで子宮内に注入する方法です。
精子が少ない、運動率が悪い、フーナーテストが不良である、性交障害がある、等の場合に適応となります。
実施前にご主人の感染症の有無の検査を受けていただきます。
当院では良好運動精子を出来るだけ多く回収するために、専用の精子調整液を使用して遠心分離、洗浄濃縮後に人工授精を行っております。
人工授精では多くの場合、注入時の痛みはほとんどありません。出血が少量ある場合がありますが、まず心配いりません。
子宮に精子を入れるところまでが「人工」的で、そのあとは自然妊娠と同じです。
人工授精の妊娠率は女性の年齢や精子の状態により大きく異なりますが、1回あたり数%~10数%です。人工授精で妊娠した方の9割前後は、人工授精5,6回までに妊娠をされております。特に女性の年齢が高い場合は、回数にこだわらず早めにステップアップを検討する必要があります。
当院では精液の取り違え防止のため、同一時間に精液の持ち込みが重ならないよう、患者様ごとに時間を指定させていただいております。また2次元コードによる取り違え防止システムも併用し、徹底的に取り違えを防止しております。

体外受精

生殖補助医療イメージ体外受精は、経腟超音波ガイド下に針を用いて卵巣から卵子を採取し、体外で精子と受精させ、受精卵を培養しカテーテルを用いて子宮に戻す、という治療です。
体外受精の適応は、一般不妊治療では妊娠が困難な、卵管性不妊症、男性不妊症、子宮内膜症、免疫性不妊症、原因不明不妊、などがありますが、高年齢の女性やAMHが非常に低い方などは、加齢に伴う卵巣機能の低下などを勘案して、いたずらに無効な治療を繰り返すことなく体外受精胚移植の実施を考慮すべきであるとされています。
体外受精を行う際には、A:完全自然周期、B:経口の排卵誘発剤をベースにしたマイルドな刺激周期、C:排卵誘発剤の注射を連日打つ刺激周期(antagonist法、long法、short法)などがあります。当院では良好な妊娠成績と、低い副作用の発生率を考慮し、マイルドな刺激で採卵を行う場合が多いですが、患者様個々の状態やご希望に応じて、これらのいずれの方法も実施しております。
採卵は卵胞数が複数個の場合は、原則的に麻酔をして実施いたします。胚移植は初期胚、胚盤胞、いずれも選択できます。
採卵前の卵巣刺激により卵巣過剰刺激症候群という副作用が発生することがありますが、当院のマイルドな刺激方法を用いるとこの副作用は極めてまれです。多胎妊娠・分娩に伴う母児のリスクを回避するため、胚移植数は日本産科婦人科学会の会告に基づき原則1個にしておりますので、当院の現在の多胎妊娠発生頻度は1%台と非常に低くなっております。その他の副作用、合併症として、採卵に伴う出血、感染、等がありますが、これらも極めてまれです。子宮外妊娠の発生頻度は2%未満となっております。
当院では体外受精関連の治療における取り違えを防止するため、治療および培養室内の作業において、ダブルチェックを徹底し、また2次元コードによる取り違え防止システムも併用し徹底的に取り違えを防止しております。

顕微授精

体外受精で受精が起こらなかった場合や、体外受精では受精が困難なほど精子の状態が悪い場合には、顕微授精という、細い針を使って卵子の中に精子を1個注入する方法(卵細胞質内精子注入法:ICSI)を用います。

胚、精子凍結保存

体外受精や顕微授精で得られ、移植をしなかった胚は凍結保存します。
精子を人工授精や体外受精、顕微授精前に凍結保存しておくことができます。

凍結融解胚移植

体外受精や顕微授精で得られ、移植をしなかった胚は凍結保存し、その後融解して胚移植を行います。また、採卵周期に卵巣過剰刺激症候群の発生が疑われる場合には、その周期での移植を中止して胚をすべて凍結保存し、重症化を予防できます。

子宮鏡下子宮内膜ポリープ切除術

着床障害の原因となりうる子宮内膜ポリープを、子宮鏡下で切除します。静脈麻酔により実施し、日帰りで手術が出来ます。

漢方療法

患者様の状態に応じて、適した漢方薬を処方することがあります。単独で用いる場合と、他の治療と併用する場合があります。

不育症検査

血液検査で流産を繰り返しやすい感染症、ホルモン異常、免疫異常、凝固機能異常を調べます。ご夫婦の染色体検査も行うことがあります。また、経腟超音波検査や子宮卵管造影検査で、子宮や卵管の異常の有無を調べます。

不育症治療

不育症の検査で異常が見つかった場合に、薬物療法を行います。外科的治療は入院治療が可能な施設をご紹介しております。

不妊カウンセリング

不妊カウンセリングをご希望される方を対象として、当院の看護師(不妊症看護認定看護師、生殖医療相談士、不妊カウンセラー)が、個別にカウンセリングを行っております。

診療案内